クレジットカード 返済遅延

返済遅延を起こした場合にするべきこと

支払い遅延で悩む女性

 

お金を借りた場合には、絶対に返済をしなければならないということを認識しなければなりません。

 

もちろん、カードローン会社の収益の源泉である金利分も負担しなくてはなりません。

 

返済期日に返済ができなくとも少々ならば問題ないだろうと思っている人も多いと思うのですが、借金の返済については厳格な管理がなされます。

 

そもそも期日までに返済できなければ、返済遅延のための特別に高い金利が課せられることになりますので、しっかり返済をしなければ、金利負担分のみでも大変な思いをしてしまうのです。

 

カードローンを利用する場合には、当然のことながら返済計画をしっかり立てる必要があるのですが、それでも返済ができないこともあると思います。

 

そのような場合には、カードローン会社に対して、返済遅延になってしまうことを正直に伝えることが必要です。

 

 

カードローン会社にとっては、返済遅延があることは、とても打撃になるのです。

 

何も言わずにただ返済が滞っているような人は信頼されず、高い金利を課せられますし、督促などもすることになります。

 

一時的に返済ができなくなってしまった場合ならば、いずれ返済ができると判断されるのです。

 

長期的に渡り返済ができないような状態になってしまった場合には、債務整理をする前に連絡するべきです。

 

なんとか金利の条件や返済の条件を和らげてもらうようにカードローン会社に相談してみるとよろしいと思います。

 

カードローン会社にとっては、債権を行使できないことが最も大きな問題です。

 

返済遅延の理由などを明らかにして、カードローン会社に正直に相談することが必要です。

 

管理人